借金返済の黄金律

2度目の借金完済を目指す黄金律 ゴールデンクロス

借金返済生活の3つのガラスの天井

投稿日:2018年5月29日 更新日:

なんとか月末の借金返済が済みました。

でも、お金がない。

来月早々に返済日がやってくるイオンカードの返済が危うい状況になっています。

日頃、ご利用可能額や残高照会など一切せずに、来るものをひたすら払うだけの私ですが、さすがにこうも追いつめられると「あと幾ら借りられるのか?」確認せざる得ない状況となりました。

まるで余命を確かめるかのように、イオンカードのご利用可能額を覗くと・・・

ご利用可能額は既に天井でした。

イオンカードご利用可能額

けど一縷の望みをかけて、ご利用可能額の増額申請!

結果は2~3週間程度で郵送でお知らせいたします・・・って間に合わない!!

切羽詰まりすぎ!!!

ガラスの天井の借金返済生活

過去の債務整理の経験を生活に活かそうとしてはいるものの、ひとえにお金の管理の甘い私は、すぐに負債が雪だるま式に膨らんでしまいます。

そうして「喉元すぎれば何とやら」「後のカーニバル」状態の、終わることなき借金返済ループに陥っているわけですが、それでもカード利用限度額内で追加融資ができるうちは、生きながらえていけます。

そのカード利用限度額がいよいよ「天井=利用可能額0円」になったことで、私の生活そのものも天井にぶつかりました。

いつか破ることができると思っているガラスの天井ですが、今回も前回の債務整理同様にまたしても破ることはできません。

借金を完済した時に開くガラスの天井です

ガラスの天井

@mainichi_glass

毎月の返済のお金の工面に四苦八苦している私にとっては、カードローンの融資枠もガラスの天井です。

その一方で、借金生活に正真正銘の終わりを迎えるために、絶対にこじ開けなくてはならないガラスの天井です。

ですので借金を返済しながら、3つの面でこのガラスの天井を意識して(意識させながら)生活をしています。

借金返済生活の3つのガラスの天井

私の3つのガラスの天井

  1. カードご利用限度額としての天井
  2. 生活破綻のボーダーラインとしての天井
  3. 人生を切り拓くための天井

上記の3つは、私の中で破らなくてはならない、或いは開かなければならないガラスの天井ですが、現状の返済に追われる借金生活の中では、様々な意味合いをもって意識せざる得ないボーダーラインとしての天井でもあります。

借金返済生活のボーダーライン

Photo by photo-ac.com

カードご利用限度額の天井

今はご利用可能額が私の使えるお金です。

返済することで、カードのご利用可能額が一時的に返済した元金分だけ戻るのですが、その利用可能額こそが私が自由に使えるお金のマッツクスの金額です。

借金返済生活が長く続くと、自然とこのカードごとのご利用可能額を頭の中で計算して、お金の管理の甘さや無計画さが招いた現状の返済地獄でもあっても、その借り入れの計算だけは怠ることなく、抜け目なく瞬時に天井までの計算がインプットされています。



生活破綻のボーダーラインの天井

2.借金の自転車操業ができなければ生活破綻です。

お金を借りては他所で借りて返済するという、最悪ループが続く生活の中では、お金を作ることができなくなった時点で生活が破綻してしまいます。

つまり今の私の生活破綻のボーダーラインは「カードのご利用可能額が0円となった時」となります。

その時は刻々と迫り、以前の債務整理の経験からも、もう自分ではどうすることもできない時間の問題というこうことも分かっています。

それでも、今の債務問題を解決する為に1歩踏み込めない躊躇する部分があります。

私が躊躇する部分

いくら法律で保護されているからとはいえ2回目の債務整理は人としてどうなのか?という部分です。

大きな躊躇いになっています。

人生を切り拓くための天井

3.借金を完済した時に開く天井

今は多重債務に苦しみ、今月の借金返済さえままならない状況で、人生最悪の展開です。

自業自得とはいえ「こんなはずではなかった」という気持ちは、自分を厳しく見つめ直しても寛大な眼差しで慰めても、やっぱり心のどこかに潜む後悔の念としてあります。

もはや後悔の念を通り越えて「どうしようもない人」という自覚さえ芽生えているほどです。

そんな、どうしようもない人になってしまっている元凶である借金問題をキチンと解決した時、つまり完済した時に開かれるガラスの扉でもあります。

そこにはこれまで辛酸とは真逆の生活が待っていると信じて・・

借金返済生活の3つのガラスの天井(まとめ)

借金返済を繰り返す生活が長く続き、苦しくなってきますと、自然と3つの「天井」ができると思います。

そのいずれも破れそうでも破れない強固なガラの天井で、脆そうで実は頑丈なガラスのような、自分の思い通りにはならない天井です。

生活破綻に直結するカードのご利用限度額として2つの天井は常に意識していますし、3つ目の借金返済生活の終わりを迎える時に開かれる天井を願いながら、いつか債務を完済して今度こそ新しい人生をやり直したり切り拓いていければよいと想いながら、今日も歯を食いしばっての借金返済生活を送っています。

アース法律事務所

頼みの綱も出金停止・・・

いよいよ詰んだかなあと思っています。 ここ何か月かは我を忘れて働きました。 少ない収入ながらも若干収入も増え、返済に回せるお金が少し増えるかな。 個人的な借り入れについては、何とか返済したいなと思っていたところ・・・ 自宅にその手紙はやってきました。 新規借り入れの停止と出金の停止 手紙の主は静岡銀行。 一日でも遅れると手紙を送り付け、そして債権回収会社に移行しますと連絡をしてくる地方銀行です。 そんな地方銀行ですが、これまではとてもお世話になってきました。 何せ、一度目の任意整理の後にも関わらず、口座を ...

続きを読む

この一か月借金返済のために死ぬ気で働きました。

本業に加えて、夜はウーバー、チャット、昼間は交通量調査と本当に働きました。 ですが・・・ 全く借金は減りません。 なんでなんだろ・・・ 減らない借金のために働く私 借金持ちの方はすごく実感があると思うのですが。 借入するときは利息の事をほとんど考えないのですが、返済するときにすごく実感しますよね。 例えば1万5000円入金したとしても。 元金が10000円で利息が5000円なら良いのですが。。。 元金が5000円しか減らないで利息が10000万円だったりすると、 あの交通量調査の一日は利息のためだったのか ...

続きを読む

借金の返済のために働くしかない

今までは借りたお金をいかに増やして、楽して返済するかを考えていました。 例えば50万円お金を借りたら、そのお金を1週間で60万円にして、増えた10万円を返済に充てる。 それを5回繰り返せば借金はチャラじゃんなんて考えて借り入れを繰り返してきました。 借りたお金はFXに回して。 3週間くらい上手くいくと、30万円浮いている状況になる事もあります。 「これで生活できちゃうじゃん。私って才能あるのかしら」 何回、これを思ったことでしょうか。 結果、4週目にほんの少しの損切りをためらったために、ゼロカット・・・ ...

続きを読む

借金返済と信頼関係

以前、友人の奥様からの個人的な借り入れも踏み倒してしまったとの報告をさせて頂きましたが。 個人再生や債務整理を考えているにも関わらず、まだお金の事を考えています。 いえ、お金の事しか考えていません。 借金返済と信頼関係 もし友人に借金あるんだって打ち明けられた場合、「絶対に私は貸さない」って思うのが普通の感覚だと思います。 もし、社員や同僚から「いま500万円借金あるんですが、仕事頑張ります」って言われたら。 それが住宅ローンや車のローンであれば信頼が出来ますが、ギャンブルや浪費での借金であった場合、全く ...

続きを読む

借金返済でハゲが出来ました。

私、一応女子なのですが。 ここのところのストレスでハゲが出来てしまいました。 髪の毛で隠れてはいるのですが。 広がらないといいな。 個人再生への長い道のり 債権者の方には本当に申し訳ないのですが。 今、2度目の債務整理に向かって着々と動いております。 ただし、司法書士さんから言われている事の一つに、債権者の方からは必ず反論の意見書が出るだろうと。 勤務先に確認すれば在籍期間はすぐにわかるだろうし。 何しろ在籍期間が短すぎる。 このまま、再生計画を認めてもいいのだろうか。 そのような反論になりそうです。 こ ...

続きを読む

おすすめ匿名無料の借金相談

今は匿名でネットで無料相談ができる時代です。

イージス法律事務所シュミレーター

今の借金がなくなる可能性もあります

興味のある人は具体的な相談も無料で専門家(弁護士)にできます。

個人情報厳守!診断・相談以外の用途には利用しません。私も最近相談しました。

司法書士法人みつ葉グループ

多くのメディア出演・出版実績があり、費用も安心の設定です

相談無料0円!24時間365日受付可能!総勢60名の債務整理チームがフルサポート

借金解決相談はもちろん無料で専門のスタッフさんが受け付けてくれます。

家族に内緒でも迅速な対応をしてくれます。私も以前主人に内緒で相談しました

エストリーガルオフィス

元判事の腕利き弁護士が皆さんのお悩みを解決します。

最大のメリットは、債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術

全国各地から数多くの依頼と紹介に裏打ちされた高い技術と知識、多くの経験と実績で借金問題だけに特化した債務整理専門の弁護士事務所です

私も体験しましたが、借金がいくら減るか?是非、お試しください。

Copyright© 借金返済の黄金律 , 2019 All Rights Reserved.