借金返済の黄金律

2度目の借金完済を目指す黄金律 ゴールデンクロス

借金返済400万円を自分1人で切り抜ける最善策

投稿日:2018年6月13日 更新日:

借金返済が追いつかなくなり、毎日の生活が辛く悩んでる時期が長く続きました。

雪だるま式に膨らんだ負債総額は400万円を超えていました。

私は誰にも借金の相談することができないでいました。

周りの人からも、私がいくら借金があるかなんて外見だけでは分からないわけですから、私の苦しみに誰も気がつきませんでした。

わたし自身、借金があることは恥ずかしいことと思っていましたので、まして返済ができなくなるほど苦しい現状は、殊更にプライドを気にしたり、人に見下ろされたくないという気持ちがあって、誰にも相談できずにいました。

そのため、多重債務者になってしまい手遅れになっていることに気づかずに、あるいは気づいていても目を背けたまま、借金返済するために新たにカードを作っては借り入れをして、自転車操業を繰り返す借金生活に危機感を感じながらも、常にこの状況を抜け出そうと躍起になって努力しました。

自転車操業の借金返済生活

とにかく誰にも知られることなく、 自分1人の力で借金返済の問題を切り抜けたかったのです。

それでも、なかなか自分1人では抜け出すことができず、毎日時間だけが過ぎていきました。

その当時の400万円の借金返済を振り返り、時間が経ったことで今こうして借金地獄だった頃を考えると、あの頃の経験は忘れることはできないものの、今後の人生に活かしていければいいなと思いました。

気持ち的にも少し余裕ができたので、私が体験したことを晒け出すことで、多重債務に苦しむ人が少しでも返済地獄から抜け出せる最善策として、ちょっとしたキッカケになればいいと思います。

400万円の借金返済を1人で切り抜ける最善策

諦めずに頑張れば、物事はだいたいのことは叶うと思います。

ただ、この借金問題だけは自分1人で頑張るより、また頑張り方次第では、どんなに努力をしても叶わないことが多いと思います。

ピンチを切り抜けるどころか、人生までも切り刻まれてしまう確率の方が高いと思っています。

私が借金返済を自分1人で切り抜けられた最善策は、債務問題についてアドバイスをしてくれる親身になってくれる人の存在でした。

借金を積み重ねた理由と離れていった友人たち

私の場合、借金を積み重ねた理由は、友達にお金を貸してと言われれば、自分が借金があるにもかかわらず、わりと気軽にお金を貸していました。

最初のカードで借りたお金30万は、次に50万、70万80万と・・・大台の100万円まではあっという間でした。

そして借入額が100万円を過ぎれば、負債はもっと加速的に掛け算のように膨らんでいきました。

その時にまた違う友人がお金を貸してくれと言ってきて、私は別のところでまたお金を作っては貸したりもしました。

お人好しすぎるという想いも、私の中で「いつかまともな生活に戻り仕事をすれば借金は返せる」とそう信じて消化していました。

仕事をして返しては借りる、そんな感じの生活を続けていました。

当時は独身だったのが幸いしました。

自分の収入の全部を借金返済に充てることができましたので、その点は楽だったと思います。

ただ、返済のベースになっているものが、自分のお金ではなく借りてきてるお金だという気持ちは常にありました。

確かこの頃で毎月の返済額は10万円を優に超えていたと思います。

その10万円を超える返済をするために、どこかでお金を借りては返す。

借金返済で転落人生

そしてついには返済日にお金を用意することが出来ずに延滞してしまうという、いま思えば絵に描いたような転落人生です。

返済の督促電話が掛かってきたことも何度もあり、自宅の電話の線を外しておいたり携帯電話の電源を切っていたり、とにかく電話の音に敏感になって恐怖心すら感じていました。

やがて返済する見込みさえ立たなくなり、どこからもお金を借りれなくなり、私がお金を貸していた友人に催促しても協力を得られませんでした。

私は、困ってるのを見かねて貸した友人であるにもかかわらず、自分が困ってる時には力になってくれない友人に愛想がつきました。

お金の切れ目が縁の切れ目とはこのことです。



この時期、多くの友人を失い、親のありがたみを知りました

お金を貸したのに返済に応じてくれない友人は基より、借金返済の問題を抱えてからの私は、お金の件は何の関係のない友人からも自分から「多重債務の負い目や引け目」から遠ざかってしまったのです。

これが借金の怖さなのかなと、とても惨めな思いをしました。

とりあえず、現状を何とかしようと、一生懸命頑張ろうと借金返済しようと決めました。

それにはまず借金を増やさないこと。

つまりお金を借りないで済む生活にすること。

そう書けば簡単ですが借りることに慣れてしまっている私にはとても辛いことでした。

でも小さなことから乗り越えていかなければこの借金のなくならない私の悩みや苦しみも消えないと思い頑張りました。

それでも、夜眠る時このまま、朝になっても目が覚めないでいられればどんなに楽だろうって思う事もありました。

そんなことまで考えるよう追い詰められていきました。

そのような精神状態が続きましたので、まったく笑顔のない生活で社会性や社交性にも欠いていましたので、友人を失っていくのも無理ありません。

その後2年かけて、自分1人で誰にも内緒のまま借金返済を続けていきましたが、一向に生活は楽になりませんでした。

親戚の集まりや親の誕生日にさえプレゼントを用意することもできず、なんて親不孝な娘なんだろうと思いました。

借金返済 親のありがたみ

心から「ごめんなさい」と、親のありがたみを知ったのもこの時期でした。

折れかけた借金返済への気持ち

借金で陽が昇り、返済して陽が沈むような息の詰まりそうな日々の繰り返しも、とにかく早く借金返済を終わらたいという気持ちだけで毎日を凌ぐように切り抜けていました。

それから毎月10万円の返済が徐々に少なくなっていき、月々の返済額も目に見えて少なくなっていくことは自分自身に励みになりました。

このままなら、自分ひとりの力で無事に返済が終わると、そう感じてきた矢先でした。

私はある病気にかかり入院することになりました。

借金返済中の病気

仕事もすることができず収入が入らず、入院費用こそ保険でまかなえましたが、借金返済だけはただ残りました。

病院のベッドの中でも、自分の体より健康より月末の返済のことが心配でたまりませんでした。

このままでは心が折れかけていくばかり。

一刻も早く退院して借金返済をしたいと、そんなことばかり病室で考えていました。

しかし思いの外、入院が長引きその結果借金返済をするお金がなくなり、いよいよ家族や友人に借金がバレるのではないかというギリギリまできました。

私は事もあろうか、病室のベッドで「本当に金策が尽きお金がない状態」に陥りました。

それでもまだ、債務者の悲しい性分で、「どうしてお金を作ろうか」と、そんなことばっかり考えながらも、無策のままどんどん返済日が滞っていきました。

するとカード会社から督促電話がかかってくるようになりました。

自分が悪いのですが、督促ハガキや電話が何よりも恐怖でした

入院先で一番に気遣わなくてはいけない自分の体調にも関わらず、私が一番気にしているのが借金返済の問題でした。

それがどんなに自分の精神衛生上にも良くないのかということも嫌というほど感じていましたが借金返済は待ってくれません。

そんな私に将来はあるのかと心の底から不安になり、借金返済に対する気持ちやモチベーションもどんどん折れていきました。

そして私は病室のベッドで、とうとう債務整理を決意しました。

債務整理を決意

これ以上の借金返済は限界だと本能的に思ったのです。

ただ、債務整理をしたらどうなるかあるいはどうやって債務整理をするかそれさえも分からないでいました。

その間にもカード会社からの督促が続き、本当に地獄でした。

そしてネットで調べた債務整理という言葉から、任意整理とい借金解決の方法を知りました。

そして決意を決めてネットの法律相談所に相談をしました。

このとき私は、病室のベットから今まで誰にも話さず隠してきた借金のことを人に話すのが臆病になっていました。

性格ブスの上、厄介ごとを人に相談することに対して私には敷居の高いことでした。

また、借金を返せないことは、とても罪悪感がありましたので債務整理をしていいのか、もう一度ちゃんと頑張るべきなのか迷いました。

弁護士のアドバイスと相談

それでも色々とネット相談をした専門家からアドバイスを頂き、自分自身でも調べてみると、債務整理は法律で定められた権利ということを知りました。

また、多重債務者救済という国が定めた権利でもあることを知り、借金返済で苦しんでる人の未来を壊さないものだということを確信できました。

ですので、私は迷わずネットで相談した法律事務所にお願いしました。

ネットで相談した弁護士は最初はメールで匿名の私の相談に応じてくれました。

そしてこの人なら私の悩みを打ち明けても大丈夫だと思い、メールではなく電話で連絡をしたいということ私の方からお願いしました。

すると女性の弁護士の方が電話をしてきてくれて、親身に私の相談を傾聴してくれました。

私は確か「返済できない」「困っている」「どうしようもない」など、抽象的な助けを求めていただけだったように思います。

債務整理相談 弁護士

そんな私に対する弁護士は優しく「落ち着いて話してください」と、諭されました。

それから自分の入院している状況を話して借金の状態を告げました。

何時からお金を借りて毎月いくら返しているのか?

カード会社は何年から借りているのか?

借り入れ状況などを打ち明けることで、今まで自分ひとりで抱え込んで誰にも話すことができなかった苦しみが薄れたようで気が楽になりました。

自分の心の中に渦巻いていた借金という黒い塊が薄まっていくような気がしました。

私はとりあえずこの現状から救って頂きたかったので、その電話で申し込みの意志を表しました。

借金を何らかの形で整理するには手付金あるいは着手金がかかるということでした。

そのお金さえも窮している私でしたので、正直にお金がないことも告げると「手付金着手金は後払いでも良い」と言われ私が安心しました。

今はどの弁護士事務所もそのようなシステムが多いそうです。

一番の恐怖だった督促電話からも解放されました。

そしてその日のうちにカード会社から督促電話がかかってきたら弁護士事務所に連絡をするようにといわれ、また、その日以降は督促電話がかかってこないように弁護士事務所がカード会社に電話を入れてくれました。

その事は何よりも私の安心材料になりました。

それ以後一度もカード会社からの督促電話はありません。



その日を契機に借金返済は終わりました。

私の場合は任意整理ということになり任意整理とは文字通り借金を任意に整理するということでした。

そういった法的な面倒な書類のやりとりや、交渉や取り決め等も弁護士が全てやってくれ、私の収入の見込みに応じた無理のない返済金額を提示してくれました。

弁護士事務所と相談した結果、毎月の10万円の返済金は月々6万円になりました。

しかもその6万円は弁護士事務所に払うことになり、私はカード会社に直接振り込むこともなく、消費者金融やコンビニのATMに毎月のように足を運ぶこともなくなったのです。

私が借りてた消費者金融は駅前にありましたので人通りも多く、いつか知り合いに遭遇するのでは無いかとドキドキしていたものですが、そう言った心配も無くなり生活していく上で気持ちが楽になりました。

弁護士事務所の対応はとても早く私の精神的な状態や、私の考えていることを私以上に素早く汲み取ってくれ、何ひとつ心配や不自由がなく債務整理をすることができました。

それでも私の中に借金返済が出来なかったとゆう負い目がありましたので、私は弁護士事務所に払う毎月6万円の和解金は一度も遅れることなく返済しております。

そして毎月6万円を、まるで公共料金の引き落としのように弁護士事務所に振り込んでいくことで借金がどんどん減っていきました。

その間も家族や友人誰にもバレることなく、順調に返済が進んで行きました。

自分ひとりで借金返済の問題を解決する最善策

何故、私はもっと早く、体調を壊して入院してまでも借金返済に苦しんでいたのか?と、今は不思議なほど思っています

元々、素直に人に相談することが苦手な性格ブスな私ですが、もっと早くに弁護士や専門家に相談するという最善策を遅らせたことに後悔さえしました。

そこには、どうしても400万円もの借金返済のピンチを自分ひとりで切り抜けたいという固定観念があったからだと思います。

でも実際は、私は弁護士に相談こそしたものの、親や友人にバレることなく自分1人で借金返済を切り抜けたことに変わりはないのです。

本当にもっと早く最善策に気がつくべきでした。

自分1人と自力の違い

その後も、弁護士さんはいろいろと親身にアドバイスをくださりました。

「人は、みんなそれぞれなんだから負い目なんて感じなくていいよ。」

「これは法律が定めた制度なんだから」と仰ってくれました。

改めて本当の自分ひとり「自力」では、借金返済は不可能だっただろうと身につまされました。

借金返済 弁護士アドバイス

それから今まで返済してきたお金から払いすぎた利息分が過払い金として戻ってきたこともあり、返済額は大幅に少なくなりました。

過払い金の返還などもとても自力ではできないことです。

また、私が債務整理するにあたり、気になっていたいわゆるブラックリストというものに私の名前が乗ってしまうのかということも弁護士に相談しました。

すると弁護士は「ブラックリストというものはありませんよ」と。

「ただ、信用金融信用情報というものがありますから、今まで借りていたところは、事故扱いで処理されておそらく借りることはできないと思います」と言われました。

「他の会社であれば信用情報の保存期間が過ぎればクレジットカードカードを作ることができると思います」とも。

つまり私は、交通事故にあったということらしいということも知りました。

借金完済から6年が経ち

車のETC の精算のためにクレジットカードがどうしても必要となり、私は過去の任意整理の分が気になっていましたが、カード会社に申し込みをすると新規でカードが作れました。

もちろんキャッシング枠もついており、今ではクレジットカードを複数枚所有しており、その審査も全て一度で通っています。

ですので借金を整理したこと、任意整理のデメリットをあまり感じていないというのが現実です。

なぜなら、借金返済を毎月10万円以上していたことさえ弁護士と自分ひとりしか知らないことだからです。

借金返済400万円を自分1人で切り抜ける最善策(まとめ)

自分が作った借金を自分で返済することは当たり前のことです。

ですが、自分ひとりで解決が難しいと感じた場合の多くは「自力」での返済に躍起になっているからだと思います。

自力での借金返済がどんなに困難なことか、早く気がついて欲しいと思います。

私が自分ひとりで借金400万円の返済を切り抜けることができたことは、信頼できる相談相手を得ることができたからであり、けして自力で完済できてたのではないと思っています。

借金返済の問題は、親や身内が肩代わりしてくれない限りは、どうあっても最後は自分1人で解決することになります。

完済までの過程を悪戯に長引かせて、抱え込み過ぎて苦しんだり悩んだり辛い思いをするのであれば、自分1人と自力の違いを再認識して、債務問題の専門家や弁護士に相談することが完済への最善策となります。

アース法律事務所

頼みの綱も出金停止・・・

いよいよ詰んだかなあと思っています。 ここ何か月かは我を忘れて働きました。 少ない収入ながらも若干収入も増え、返済に回せるお金が少し増えるかな。 個人的な借り入れについては、何とか返済したいなと思っていたところ・・・ 自宅にその手紙はやってきました。 新規借り入れの停止と出金の停止 手紙の主は静岡銀行。 一日でも遅れると手紙を送り付け、そして債権回収会社に移行しますと連絡をしてくる地方銀行です。 そんな地方銀行ですが、これまではとてもお世話になってきました。 何せ、一度目の任意整理の後にも関わらず、口座を ...

続きを読む

この一か月借金返済のために死ぬ気で働きました。

本業に加えて、夜はウーバー、チャット、昼間は交通量調査と本当に働きました。 ですが・・・ 全く借金は減りません。 なんでなんだろ・・・ 減らない借金のために働く私 借金持ちの方はすごく実感があると思うのですが。 借入するときは利息の事をほとんど考えないのですが、返済するときにすごく実感しますよね。 例えば1万5000円入金したとしても。 元金が10000円で利息が5000円なら良いのですが。。。 元金が5000円しか減らないで利息が10000万円だったりすると、 あの交通量調査の一日は利息のためだったのか ...

続きを読む

借金の返済のために働くしかない

今までは借りたお金をいかに増やして、楽して返済するかを考えていました。 例えば50万円お金を借りたら、そのお金を1週間で60万円にして、増えた10万円を返済に充てる。 それを5回繰り返せば借金はチャラじゃんなんて考えて借り入れを繰り返してきました。 借りたお金はFXに回して。 3週間くらい上手くいくと、30万円浮いている状況になる事もあります。 「これで生活できちゃうじゃん。私って才能あるのかしら」 何回、これを思ったことでしょうか。 結果、4週目にほんの少しの損切りをためらったために、ゼロカット・・・ ...

続きを読む

借金返済と信頼関係

以前、友人の奥様からの個人的な借り入れも踏み倒してしまったとの報告をさせて頂きましたが。 個人再生や債務整理を考えているにも関わらず、まだお金の事を考えています。 いえ、お金の事しか考えていません。 借金返済と信頼関係 もし友人に借金あるんだって打ち明けられた場合、「絶対に私は貸さない」って思うのが普通の感覚だと思います。 もし、社員や同僚から「いま500万円借金あるんですが、仕事頑張ります」って言われたら。 それが住宅ローンや車のローンであれば信頼が出来ますが、ギャンブルや浪費での借金であった場合、全く ...

続きを読む

借金返済でハゲが出来ました。

私、一応女子なのですが。 ここのところのストレスでハゲが出来てしまいました。 髪の毛で隠れてはいるのですが。 広がらないといいな。 個人再生への長い道のり 債権者の方には本当に申し訳ないのですが。 今、2度目の債務整理に向かって着々と動いております。 ただし、司法書士さんから言われている事の一つに、債権者の方からは必ず反論の意見書が出るだろうと。 勤務先に確認すれば在籍期間はすぐにわかるだろうし。 何しろ在籍期間が短すぎる。 このまま、再生計画を認めてもいいのだろうか。 そのような反論になりそうです。 こ ...

続きを読む

おすすめ匿名無料の借金相談

今は匿名でネットで無料相談ができる時代です。

イージス法律事務所シュミレーター

今の借金がなくなる可能性もあります

興味のある人は具体的な相談も無料で専門家(弁護士)にできます。

個人情報厳守!診断・相談以外の用途には利用しません。私も最近相談しました。

司法書士法人みつ葉グループ

多くのメディア出演・出版実績があり、費用も安心の設定です

相談無料0円!24時間365日受付可能!総勢60名の債務整理チームがフルサポート

借金解決相談はもちろん無料で専門のスタッフさんが受け付けてくれます。

家族に内緒でも迅速な対応をしてくれます。私も以前主人に内緒で相談しました

エストリーガルオフィス

元判事の腕利き弁護士が皆さんのお悩みを解決します。

最大のメリットは、債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術

全国各地から数多くの依頼と紹介に裏打ちされた高い技術と知識、多くの経験と実績で借金問題だけに特化した債務整理専門の弁護士事務所です

私も体験しましたが、借金がいくら減るか?是非、お試しください。

Copyright© 借金返済の黄金律 , 2019 All Rights Reserved.