借金返済の黄金律

2度目の借金完済を目指す黄金律 ゴールデンクロス

一年で一番憂鬱な月末がやってきた

投稿日:2018年12月22日 更新日:

毎月の月末は自分が生きていると感じる時。

どこからともなく呼び出し(督促)の電話がなり、メールが届くとき。

でも12月だけはそんな電話すら虚しくなってきます。

借金返済に疲れた時。私は何をしたいのだろうか

一度目の債務整理(任意整理)をしたとき。

二度と借金はするまいと誓って、銀行や消費者金融の方にアタマを下げて将来の利息をカットしてもらいました。

自分自身で利息に納得して始めた借金の借入。

それを返済できないからと言って、こちらの都合で元本のみにしてしまうという我儘。

それを聞いて頂き、返済したはずなのに。

なぜ、また借金は残っているのか。

私は何がしたいのか自分でも良くわかっていません。

それは結婚生活も同じこと

お付き合いをしていた彼氏。

この人ならばと結婚をして頂きました。

して頂きましたというくらい、私にはもったいない方でした。

皆から祝福して頂き、とても楽しいという日々もありました。

それも私が理由で壊してしまいました。

借金の返済が苦しくなってきたのもその頃だったような気がします。

多額の借金に追われると、どんなにメンタルが強い人でもやはり後悔や自己嫌悪に陥ります。

何もかもが嫌になり…

結婚生活も破綻してしまいました。

12月の月末だけは温もりが欲しい

債務整理後でもお金を貸して頂けることがありがたいと感じてしまった時から。

そしてまたしてもカードを作って頂けることがわかった時から。

気づけば毎月の返済が5万円になり。

そしてまたしても自転車操業が始まりました。

1社目に返済をしてその空いた枠をまた借り入れる。

1週間くらいの遅れは電話が掛かってくるまで返済を待って頂く。

そんな生活に逆戻りになってしまいました。

いつもは鳴らない携帯を持っている事に抵抗はないのですが、今月だけは鳴ってほしい。

いえ、今週だけは誰かから鳴らないかなと期待してしまいます。

特に元彼からの電話に期待してしまいます。

まあ無理ですけど。

二度目の債務整理に向けまっしぐら

一度経験しているからこそわかる事。

それはこの生活が破たんにしか向かっていない事。

入院した時から、定期的な収入が途絶えてしまっている事。

何より大事なお客様の信用を失ってしまっている事。

現在の状況では支出が収入を上回っているのは明らかです。

そして、2度目の債務整理に向かっていることは自明の理なのです。

借金があっても生活保護は受けれるのか

病気で長期入院やリストラなどいつどんな生活をしていても、突然収入がなくなることは起こりえます。

そしてそのトラブルから生活が困窮し、私のように借金を抱えることも多いと思います。

生活が困窮した場合、生活保護の受給も一つの解決策ですが、借金があると生活保護は受給できないのでしょうか?

結論から言えば、借金があっても、生活保護の受給はできます。

生活保護の受給要件に借金の有無の項目はありません。

生活保護の受給要件は一つ、「国の定める基準の最低生活費に、収入が満たない」ことです。

ただし、その前提として、手持ちの預貯金や資産を処分するなど、様々な手だてを活用し尽くす必要があります。

具体的には下記を行う必要があります。

受給要件を満たすには

預貯金などの資産の活用
能力の活用(※働く能力がある場合は、その能力に応じて働く)
年金など他の制度の活用
親族など扶養義務者からの援助の活用

ただし、借金を「返済」しながら生活保護を受給することはできない

上記のとおり、借金があっても生活保護を受給することは可能なのですが、借金を「返済」しながら生活保護を受給することはできません。

その理由は、生活保護の制度趣旨にあります。

国は、生活保護制度を「生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長する」ためにあると定義しています。

生活保護によって受給できる保護費は、衣食住といった「最低限度の生活」を維持するために使うものですので、借金の返済に使うことはできないのです。

それはそうですよね。

私が作った借金を国に返して頂く。

それをもし認めて欲しかったらならば自己破産をしなさいということです。

任意整理後に借金をした者に対して、裁判所は免責を認めるのか。

今年のクリスマスも大みそかも借金と過ごすことだけは確定です。

アース法律事務所

債権者の皆さま、申し訳御座いません。

度重なる借金の数々。 そして個人の方への借り入れを踏みにじった結果。 裁判にて債権差し押さえ命令が出る事態になってしまいました。 新しい令和の始まりは借金のやりくりから始まりました。 弁護士さんは個人再生が妥当ではないかとの判断でした 前回、任意整理をしてからまだ数年しか経っていないのに。 私は既に借金まみれ。 会社への差し押さえ命令、そして実際に給料の差し押さえ。 私が借りたお金とはいえ、これはさすがに堪えました。。 なぜならば自転車が漕げなくなってしまったからです。 自転車操業の終わりと崩壊の始まり ...

続きを読む

会社にバレた後は転落一直線。返済は無理そうです。

会社に債権差押命令が届いてからは転落一直線です。 このままでは自己破産も視野に入ってきました。 会社に債権差押命令が届いたその後 小さな小さな会社ですから、弁護士事務所から会社宛に封書が届いたら大騒ぎです。 私は社長に呼び出されました。 当然、解雇を覚悟しました。 それはそうですよね・・・ 他人様からお金を借りて返済できていない。 しかも裁判沙汰になって、会社にもよくわからない通達が入っている。 いつ会社の他の人間からお金を借りるかもわからない。 そんな輩を雇っておくのは好ましくないですよね。 しかも、一 ...

続きを読む

ついに借金をしていることが会社にバレました。

知人からの借金返済を怠った結果・・・ 私は弁護士を通じて裁判を起こされ、債権差押命令が発令されてしまいました。 裁判の期日の日、私は相手方の弁護士に会い、直接少しだけ話をしました。 後日、改めて返済について話をすることになったのですが・・・ 借金の返済が出来ないと、本当にお給料を差し押さえられてしまいます。 裁判自体はものの10分程度で終わってしまいました。 私の周りには消費者金融の会社の人(会社名で呼ばれるので業者の名前もわかりました)や弁護士、司法書士の方しかいませんでした。 おそらく、個人で来ている ...

続きを読む

借金返済が出来ず、債権差押命令が届きました。

前回お話した通り、今回、お借り入れをしたところは個人の方からでした。 しっかりとした人間関係を築いていたと思っておりましたし、本当に仲良くして頂いておりました。 しかし、今もなのでしょうが・・・ 借金で切羽詰まっていると、何もかもが見えなくなってしまう。 お金を返済すること以外には考えられなくなってしまう欠点があります。 今回、お借り入れをした金額の合計は80万円でした 個人の主婦の方にはとても大きい金額。 しかも初めはご主人には内緒で貸して頂いておりました。 しかも2回に分けて。 1回目は40万円。 2 ...

続きを読む

借金返済を怠った結果、まさに崖っぷちです・・・

今までは債務整理をすることで自分が借り入れをしたお金を、どうにか元金だけでもご返済をさせて頂ければと努力をしてきました。 直近は入院していたことや精神的に参っていたこともあり、滞納気味や長期に滞納してしまっていたことも事実です。 ですが/// 実際に銀行口座からの差し押さえの通知が裁判所から届くとショックを受けました。 借金返済を怠った結果、まさに崖っぷちです・・・ 以前、ブログにも書きましたが、一度債務整理をした私は、前回とは借入先が比較にならないくらい厳しい会社しかお金を貸していただけなくなりました。 ...

続きを読む

おすすめ匿名無料の借金相談

今は匿名でネットで無料相談ができる時代です。

イージス法律事務所シュミレーター

今の借金がなくなる可能性もあります

興味のある人は具体的な相談も無料で専門家(弁護士)にできます。

個人情報厳守!診断・相談以外の用途には利用しません。私も最近相談しました。

司法書士法人みつ葉グループ

多くのメディア出演・出版実績があり、費用も安心の設定です

相談無料0円!24時間365日受付可能!総勢60名の債務整理チームがフルサポート

借金解決相談はもちろん無料で専門のスタッフさんが受け付けてくれます。

家族に内緒でも迅速な対応をしてくれます。私も以前主人に内緒で相談しました

エストリーガルオフィス

元判事の腕利き弁護士が皆さんのお悩みを解決します。

最大のメリットは、債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術

全国各地から数多くの依頼と紹介に裏打ちされた高い技術と知識、多くの経験と実績で借金問題だけに特化した債務整理専門の弁護士事務所です

私も体験しましたが、借金がいくら減るか?是非、お試しください。

Copyright© 借金返済の黄金律 , 2019 All Rights Reserved.